条件を満たせば引き下げ可能

HOME > マンションのフラット35S

フラット35Sはマンションの購入でも借りられる?

フラット35Sは返済開始から10年間は、借入れ時の金利1.0パーセント引き下げの金利優遇が受けられる住宅ローンとして、注目を集めています。

フラット35Sは、マンションのような共同住宅でも対応しているので、マンション購入を検討してる方でもフラット35Sの金利優遇は受けられます。

フラット35Sで融資を受けるためには、審査と物件検査に合格し、適応証明書を発行してもらうことが要件となります。

またフラット35Sを利用するには優良住宅であると認められなければならず、フラット35の技術基準にプラスし、フラット35S技術基準をクリアする必要があります。

フラット35Sの技術基準は、耐震性やバリアフリー性、耐久性・可変性や省エネルギー性という4つの項目に設定された基準の1つを満たすことが要件となります。

省エネルギー対策等級4または高齢者等配慮対策等級3以上または、耐震等級2以上か免震建造物であること、劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上4つのうち1つ以上を満たしていなければなりません。

例えば、省エネについては規定通りに断熱材を使用しているか、バリアフリーで言うと段差を解消し手すりをつけるなど高齢者が住みやすい住居になっているかなどが当たります。

物件検査でフラット35Sの要件を満たしているとわかれば、検査機関が適応証明書を交付するので金融機関に提出すれば融資の契約が進めていけます。

フラット35Sを利用すれば利息の支払いが減り、ローンの総支払い額も減らすことができるので利用をおすすめします。