人と物件の2つを調べます

HOME > フラット35Sの審査基準

フラット35Sの審査の基準はどうなっている?

フラット35Sを利用する際には、どのような基準で審査が行われるのかも気になるところです。

一般の住宅ローンでは、申込人に返済能力があるのかなど、人に対する審査が割と厳しく行われていますが、フラット35Sの場合はどちらかというと物件に対する審査のほうに重きをおいています。

フラット35Sの人に関する審査では、所得を証明書類などを提出して年収や所得を確認し、返済能力の有無などを審査します。

物件に対する審査については、フラット35よりも更に厳しい審査基準が設定されています。

フラット35Sには3つのタイプがあり、フラット35Sとフラット35S(20年金利引き下げタイプ)では、フラット35の技術基準をクリアし、かつ省エネルギー性または耐震性、バリアフリー性または耐久性・可変性の4項目に設けられた基準のうち1つ以上を満たすことが審査基準となります。

更にフラット35S(中古タイプ)では省エネルギー性の項目2つもしくは、バリアフリー性の項目2つの全部で4つの項目うち、1つ以上の項目を満たすことが利用の条件になります。

中でもフラット35S(20年金利引き下げタイプ)は、金利面での値下げ率が一番高いので、物件対する審査基準も最も高く設定されています。

フラット35Sの審査は、必要書類が提出されて仮審査にバスすると本審査に入り、合格すると次は物件に対する検査が行われます。

新築の場合だと工事の進む具合に応じて数回検査が行われ全てに合格すると適合証明書が発行され、いよいよ融資の契約へと進みます。

フラット35S審査のおすすめリンク

フラット35S審査落ちる?金利優遇で安い!【技術基準厳しい?】
フラット35Sの審査に落ちないためのコツをご紹介!大幅な金利優遇が受けられることで固定なのに非常に金利が安いフラット35Sの借り入れ条件や審査について知りたい方必見です。
www.flat35s-sinsa.com/