金融機関によって異なります

HOME > フラット35Sの金利を比較

フラット35Sの金利を比較して選ぶ

フラット35Sの金利は、取り扱う金融機関ごとに決められています。

また金融機関では、毎月金利の見直しを行うので月ごとで金利が変動していくため、こまめにチェックしておく必要があります。

更に、フラット35Sの金利は申込み時の金利ではなく、融資が開始した時の金利が適用されるので金融機関の金利動向も確認しておくとよいでしょう。

フラット35S取り扱い金融期間の金利を2010年9月の時点で比較してみると、フラット35Sでの業界シェア率が高いARUHIは低金利を維持しているのがわかります。

ARUHIでは返済期間が20年までだと通常金利が1.700%で、フラット35Sの金利引き下げを対応させると1.030%、21年から35年だと通常金利2.15%なのでフラット35Sだと1.15%になります。

更に、楽天銀行も、返済期間が15年以上20年以下だと金利1.90%なのでフラット35Sだと1.030%になり、21年から35年だと2.15%なのでフラット35Sだと1.15%となり、かなり金利が低くなります。

そして、みずほ銀行は借入れが15年から20年までは通常金利2.17%なのでフラット35Sだと1.17%、21年から35年だと2.38%なのでフラット35Sなら1.13%になります。

また日本モーゲージサービスは、全期間金利が2.82%なのでフラット35Sに場合は金利が1.82%になります。

金利の差はフラット35S取り扱い金融機関を選ぶ際の重要なポイントなるので、きちんと確認しておきましょう。

フラット35S比較ランキング 《2015年2月版》

楽天銀行 フラット35S

【総支払額が安い口コミでも注目の住宅金融専門会社】
楽天銀行の住宅ローン・フラット35は業界最低水準の金利と融資事務手数料率によって支払総額ランキングでも常に上位。口コミでも非常に人気が高く、多くの方から支持されています。楽天グループのWebマーケティング力を活用したコスト削減で従来では考えられなかった水準でサービスを提供することを可能にしています。今まで固定タイプの住宅ローンはどうしても変動タイプに比べると金利が高い点が問題でした。しかしフラット35Sでは当初10年間1%の金利優遇が受けられるため返済期間20年のフラット20の金利は2010年11月時点では1%を切っています。これは金利が低いとされている多くの変動タイプの住宅ローンの水準を下回っています。つまり楽天銀行のフラット35Sは長期固定なのに変動タイプのものよりも金利が低いのです。また楽天銀行ならではのサービスも見逃せません。フラット35を借りる際必要となることが多い「つなぎ融資」に対応。失業・入院保障特約での将来への備えも万全。ほかにも親子リレー返済などを用意して借り手のためのサービスを提供してくれています。


ARUHI フラット35S

【手厚い保障で人気・業界シェアナンバーワン】
ARUHIはフラット35の取り扱いシェアNo.1。日本初のモーゲージバンクとして大手の銀行などを抑えて業界最低水準の金利を実現しメリットの多い商品を提供しています。もちろん当初10年間の金利が引き下げられるフラット35Sにも完全対応、2010年11月の実効金利は35年固定のもので当初10年間が1.15%と破格の水準に。これは固定金利だけではなく変動タイプのものでもみられないほど低いもの。金利が1%違うと3000万円を30年間借りた場合の最終的な支払金額の差は約500万円になりますからその節約効果は非常に大きくなります。ARUHIは日本で初めてフラット35に8疾病保障特約を付帯することを可能にしました。これはガンなどの3大疾病と5つの重度慢性疾患にかかった場合の保証が受けられるというもの。他にも失業保障特約三ツ星くんでは失業した場合のサポートをしてくれるなど借り手の立場に立った手厚い保障が魅力。全国各地に80店舗以上あるショップでは対面で専門コンサルタントが親身にアドバイス。経済危機対策で商品性を拡充しさらに口コミでの人気も上がっているおすすめの会社です。