金利優遇が受けられないケース

HOME > フラット35Sに借り換え

借り換えでフラット35Sの金利優遇は受けられる?

今まで別の住宅ローンを利用している人で、金利優遇が受けられるフラット35Sを利用したいという人もいるでしょう。

しかしフラット35Sは、新規の住宅ローンにのみ対応しているので残念ながら借換えはできません。ですから途中からフラット35Sへの借換えを検討してるという人は注意が必要です。

借換えができないのでこれから住宅を取得するという場合はフラット35Sの利用条件を満たし、当初から利用するのが賢明です。

しかしすでに一般の住宅ローンを利用してしまっているという場合は、フラット35なら借換えに対応しているので利用できます。

フラット35の借換えは、年齢や年収に対する総借入れ額の負担率、国籍関係などの利用条件はフラット35と共通します。

更に借換融資を受ける本人と、返済中のローンの債務者が同一であることや、借換対象の住宅や敷地が共有の場合は本人が共有持分を持っていることが要件とされています。火災保険や団信、手数料などについてもフラット35と同様です。

フラット35の借換えを取り扱う金融機関も決められており、フラット35のホームページに記載されているので確認しておきましょう。

また通常はフラット35の借換えを行う際も、物件がフラット35の技術基準を満たしているかどうかの検査が必要でしたが、一定の条件を満たす住宅であれば検査が省略できるようになりました。

したがってフラット35借換えの手続きとしては、物件検査が省略できる場合は借入れの申込みを金融機関に行い、フラット35借換えに関する確認書を提出して審査に通れば、融資契約に進めます。

また物件検査を行う場合は、借入れの申込みをして審査が終わってから物件検査の申請、検査が行われ、合格すると適合証明書が発行され融資の契約へと進むという流れになります。