申し込みに期限があります

HOME > フラット35Sの利用期間

フラット35Sが借りられる期間は限られています

フラット35Sを住宅ローンとして検討する際にはいつでも利用できるのか、利用条件や申込み期限はどうなっているのかも確認しておく必要があります。

フラット35Sの利用条件としては、申込み時点で融資を受ける本人の年齢が70歳未満で、日本国籍を有しているかもしくは永住許可を得ているまたは特別永住者であることが必要です。

更に、フラット35を含む全ての借入れの年間返済額の負担割合が、年収400万未満で30パーセント以下、年収400万円以上で35パーセント以下であることが条件です。

また年齢が70歳を超えていても、申込人の子孫や配偶者などを年齢70歳未満の人で、定期的な収入のある人を後継人を立てて行う親子リレー返済を行う場合は利用可能です。

そしてフラット35Sを利用する際は、住宅金融支援機構が定めるフラット35の技術基準に加え、フラット35Sの専用の技術基準をクリアしていなければなりません。

年齢などの利用条件や技術基準を満たしていれば、基本的にはいつでもフラット35Sは利用できます。

ただフラット35Sには募集金額が決められており、募集金額に達する見込みのある場合は受付を終了してしまうこともあるので注意が必要です。

また、金利の大幅値下げを行っている期間内に申し込めば金利優遇が受けられます。

フラット35は以前融資開始から10年間は年利0.3パーセントの引き下げを行ってきましたが、2010年から住宅の需要を促進させる目的で金利が1.0パーセントにまで引き下げられています。

この大幅な金利の引き下げ申込期間は、今のところ2011年12月30日までと決められているのでこの間にフラット35Sへの申込みを行うことをおすすめします。

※ 予定していた募集金額に達するため、申し込み期限が3カ月前倒しとなり、2011年12月30日に終了することが決定しました。