フラット35S金利優遇1%

フラット35Sの金利1%優遇でローン返済額を節約

優良住宅取得支援制度、フラット35Sは、省エネルギー性や耐震などの要件を満たした住宅を取得する場合に当初10年間は1%の金利優遇を受けることができるという制度。20年引き下げタイプや中古タイプなどもありそれぞれ条件が異なるためその内容の確認が必要です。ローンの総額を大幅に節約できる金利優遇1%を比較研究してご紹介します。

フラット35S金利優遇1%比較ランキング 《2016年11月版》

新生銀行パワースマート住宅ローン

【新時代の住宅ローン・条件の良さで人気】
新生銀行パワースマート住宅ローンは口コミで現在最も人気の商品。その人気の理由は手厚いサポートとサービスの充実にあります。事務取扱手数料は一律50,000円、保証料と団信生命保険料は0円と初期費用の負担を軽減、借り手のメリットが大きくなっています。また繰上返済手数料も0円でしかも1円から何度でも可能。フラット35も手数料はかかりませんが100万円からという下限が設定されているので余裕がある時いつでも気軽に繰上返済というわけにはいきません。新生銀行は諸費用が安く低金利に抑えられているため支払総額が安く、繰上返済で返済期間の圧縮もできるということであなたのライフスタイルに合わせたローンを組み立てることが可能。返済期間を長くとることで毎月の返済学を低く抑えて将来のリスクに備えておいて資金に余裕ができた場合に繰上で返済期間を短縮するといった事もできるのです。また借り換えでも他よりも有利な条件を実現し借入期間の延長を可能にするなど当サイトおすすめの住宅ローンです。
※ 新生銀行のパワースマート住宅ローンはフラット35ではありません。しかし比較の結果、条件が良くおすすめするべきであると判断してここでご紹介します。


住信SBIネット銀行

【ネット銀行だから実現できた充実のサービス】
住信SBIネット銀行はネット銀行だからこそ可能になったコストカットを徹底して行うことで条件のよいサービスを実現している新世代の住宅ローン。金利は変動も固定も業界最低水準に抑えて、さらに諸費用も安いことで支払総額の低さもトップレベル。また顧客本位の充実したサービスは例えば団信保険料と8疾病保障の保険料は銀行負担、繰上返済は1円から手数料0円で可能など多岐にわたります。この面では団信保険と8疾病保障が借り手負担、繰上返済は100万円からというフラット35よりもはるかに好条件です。将来のガンや心筋梗塞、脳卒中といった病気や事故のリスクに備えることができる団信保険や8疾病保障が無料で付属している安心感は非常に大きいものです。また住信SBIネット銀行の住宅ローンは常に商品力のアップを図っている点も見逃せません。変動と固定を合わせたミックスローンや借り換え時の借入期間延長も可能になるなど見逃せないおすすめ商品です。
※ 住信SBIネット銀行の住宅ローンも新生銀行と同様フラット35の商品ではありませんが条件面で有利なためここでご紹介します。


楽天銀行 フラット35S

【総支払額が安い口コミでも注目の住宅金融専門会社】
楽天銀行の住宅ローン・フラット35は業界最低水準の金利と融資事務手数料率によって支払総額ランキングでも常に上位。口コミでも非常に人気が高く、多くの方から支持されています。楽天グループのWebマーケティング力を活用したコスト削減で従来では考えられなかった水準でサービスを提供することを可能にしています。今まで固定タイプの住宅ローンはどうしても変動タイプに比べると金利が高い点が問題でした。しかしフラット35Sでは当初10年間1%の金利優遇が受けられるため返済期間20年のフラット20の金利は2010年11月時点では1%を切っています。これは金利が低いとされている多くの変動タイプの住宅ローンの水準を下回っています。つまり楽天銀行は長期固定なのに変動タイプのものよりも金利が低いのです。また楽天銀行ならではのサービスも見逃せません。フラット35を借りる際必要となることが多い「つなぎ融資」に対応。失業・入院保障特約での将来への備えも万全。ほかにも親子リレー返済などを用意して借り手のためのサービスを提供してくれています。


ARUHI フラット35S

【手厚い保障で人気・業界シェアナンバーワン】
ARUHIはフラット35の取り扱いシェアNo.1。日本初のモーゲージバンクとして大手の銀行などを抑えて業界最低水準の金利を実現しメリットの多い商品を提供しています。もちろん当初10年間の金利が引き下げられるフラット35Sにも完全対応、2010年11月の実効金利は35年固定のもので当初10年間が1.15%と破格の水準に。これは固定金利だけではなく変動タイプのものでもみられないほど低いもの。金利が1%違うと3000万円を30年間借りた場合の最終的な支払金額の差は約500万円になりますからその節約効果は非常に大きくなります。ARUHIは日本で初めてフラット35に8疾病保障特約を付帯することを可能にしました。これはガンなどの3大疾病と5つの重度慢性疾患にかかった場合の保証が受けられるというもの。他にも失業保障特約三ツ星くんでは失業した場合のサポートをしてくれるなど借り手の立場に立った手厚い保障が魅力。全国各地に80店舗以上あるショップでは対面で専門コンサルタントが親身にアドバイス。経済危機対策で商品性を拡充しさらに口コミでの人気も上がっているおすすめの会社です。

フラット35S1%優遇を受けるための条件をチェック

当初10年間の利率が1%優遇されるということでフラット35Sに注目が集まっています。

もともと長期の固定でしかも金利水準が低いということで人気のフラット35からさらに1%の優遇が受けられるのですからそれも当然のこと。

モデルケースでシミュレーションをしてみるとその優遇のメリットの大きさがすぐにわかります。借入金額3,000万円、借入期間35年、ボーナス時の返済無しという条件でシミュレーションをしてみましょう。

年率が2.15%の場合、35年間で総支払額は約4270万円となります。

次に同じ条件で当初10年間1%の優遇を受けた場合を計算すると35年間の総支払額は約3,940万円となります。

あくまでも概算シミュレーションですが1%の優遇を受けるだけで支払総額はおよそ300万円も安くなるのです。今なら住宅支援機構が定めている優良住宅の条件を満たせばだれでもこの恩恵を受けることができますから積極的に活用していくべきでしょう。。

さらに、20年引き下げタイプなら11年目以降20年目までは年率0.3%の引き下げが受けられますからさらにお得度はアップ、上記の条件で計算するとシミュレーションでは約370万円程度お得になります。

これらの優遇を受けるためには技術基準をクリアする必要があります。優良住宅支援制度の対象となる住宅は従来の技術基準を満たしてさらに、省エネルギー性・耐震性・バリアフリー性・耐久性、可変性のうちの一つの基準を満たす必要があるのです。

これらはすべて優良建築であるために必要な基準ですからクリアしておいて損はありません。今から家を建てるならこれらの事をしっかりクリアするようにしておくべきなのです。

注意すべき点としては優良住宅支援制度は募集金額の上限が決まっています。その募集金額に達した場合には期限内でも受け付けが終了します。平成23年12月30日の申し込みまでという期限も決められていますが、エコカー補助金でもあったように終了間際は駆け込みが多く募集金額を早めに達成して終了してしまう可能性もあります。

ですから、優良住宅支援制度のフラット35金利1%優遇を受けたい方は早めに申し込みをしておくようにしましょう。現在金利はこれまでの最低水準を記録しています。1%優遇とともにこのチャンスを逃さず節約していきましょう。1%の差が最終的には数100万円の差になるのです。

フラット35Sは何が違う?

国の景気対策によってフラット35がさらに優遇されるようになりました。それがフラット35Sなのです。

不景気の為の経済対策の一環で行われる金利優遇で内容は借り入れから10年間金利を1.0%引き下げるというもの。これまでよりもより優遇幅が広がっています。

更に住宅ローン減税なども併用すれば住居購入の費用が大幅に削減できるのです。

そして20年引き下げタイプというものもあり返済期間が20年のタイプは最初の10年は1.0%の値下げに加えて残りの10年に対して0.3%の優遇が受けられるようになりました。

期間としては平成23年12月30日までに借り入れた人が対象となります。

それ以降は最初の10年の金利を0.3%引き下げる優遇だけなので家を買う予定のある方はそこまでに申込むとお得に家が購入できると思います。

1.0%や0.3%と数字だけみると少なく感じると思いますが、住宅の購入は1000万円以上のローンを組む事がほとんど。借りる額によっては数十万円〜数百万円もの総返済額が変わってきます。

一般的に購入資金が多くかかる住居購入には有り難い制度だと言えます。

フラット35の金利は今後高くなると予想されています。減税も合わせて今がラストチャンスなのです。。

その上特別金利優遇制度や住宅ローン減税など利用できる制度が多いので安心感だけではなくお得に組む事が出来るはずです。

フラット35のメリットとデメリット

住宅ローンをはじめとした長期のローンは、できるだけ早く返済したいという気持ちを持ってしまいます。

早く返す方法は繰り上げ返済を行うことです。

利用者の多い住宅ローンの1種類であるフラット35を例にすると100万円から可能な銀行機関が多いですが10万円から繰上げ返済可能という機関もあるようです。

その際、手数料が発生する場合と発生しない銀行機関があるのでローンを選ぶ際はこの点も確認するようにしましょう。

ボーナス払いも合わせて返済している場合には、ボーナス月の請求がずれないように半年分の合計から可能なことが多いようです。

住宅の購入を考えたときに、多くの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、超低金利時代なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンを調べても種類が何個もあります。

その中でも、「フラット35」という言葉を知っていますか?名称からはどんな特徴があるのか伝わりにくいですが通常の銀行ローンとどういった部分が違うのか調べてみました。

メリットとしては、返済金額が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済時に手数料がかからないということがあります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると割高になることや低金利になると割高になることや独自の審査基準があるので利用できないことがあります。

住宅を購入するときに利用する住宅ローンですがほとんどの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから審査を始めるので場合によってはローンに落ちることもあります。

そういったことが起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば全期間固定金利のフラット35取扱実績1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というサービスでは物件を決める前に他に年収が400万円未満だと年間返済額が年収の30%以内までなどの条件もあります。

他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ず確認するようにしましょう。

予算が事前に分かっていれば選択肢も絞られてくるので探しやすくなるのではないでしょうか。

住宅を購入する際にフラット35の利用を勧められることがあります。

多くの人はテレビのCMで名前を聞いたことはあるくらいで実際にはどんな特徴があるのか、借りるための条件はあるのかといった情報を詳しくは知らないのではないでしょうか。

このローンを組むには、物件購入価格が1億円以下になっているか、床面積がマンションタイプだと30u以上と基準以上の大きさになっているかといった条件があります。

ローンの特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借り入れできないことや全期間金利固定なことなどが挙げられます。

金利変動が発生しても急に支払額が上がるといったことが起きないので余裕を持って返済計画を立てられそうですね。

ローン関連でたまに親子リレー返済という言葉を聞いたことはありませんか?どういったものかというと親子2代でローンを返しましょうというものです。

住宅ローンでおなじみのフラット35でも利用可能となっており、申し込みをした本人の子供で定期的に安定した収入がある方など、3つの条件を全て満たしている場合にローンの利用ができます。

この制度の有効な場面としては、親子で同居をしている場合や、親が高齢になり家をリフォームしたいけど高齢だから短期間のローンしか組めない、と言った場合に有効です。

この制度は利用ができるので状況によっては利用を考えてはいかがでしょう。

利用ができるので状況次第で利用を考えてはいかがでしょう。

住宅は人生で1番大きい買い物とも言われています。

その際利用する住宅ローンですがネットで情報を調べるとフラット35とフラット35sという2種類があります。

いったいこの2種類では何が異なるのでしょうか。

はじめに言っておきたいのが利用者がどちらかを選ぶというものではなく購入する住宅が要件を満たしていると自動的に適用されるものです。

その要件の例としては、省エネルギー性や長期間住むことができることを考えるとメリットは大きいです。

これらの要件を満たしていると特別金利のフラット35sが適用されます。

また、中古の物件でも条件さえ満たしていれば利用できるのでぜひ活用してください。

なかなか使う機会のない住宅ローンですがなかなか使わないからこそ契約の流れもわからない人も多いはずです。

ここではフラット35を例にして契約の流れを説明します。

新築で一戸建ての場合では、ローンの申し込み、設計審査を行い、設計審査をして物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

審査結果は約1週間くらいでわかります。

審査に合格したら着工し始め、工事途中や竣工後に現場審査の申請を行う必要があります。

竣工現場審査に合格したら借り入れのご契約や資金の受け取りなどの手続きが行えます。

住宅を買う際に利用する住宅ローンを組みますが金利変動のリスクを嫌ってフラット35にした人もいると思います。

どうせ支払うなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35への借り換え融資もあります。

その際、お得になるのは金利差が0.3%以上となっています。

また、このタイミングで変動型にすることもできます。

行うかどうかは各銀行機関のホームページにあるシミュレーションを利用して毎月の支払額がどう変わるかやその他費用も含めて総合的に考えて検討するようにしてください。

借り換えは再び審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

ローンを組む際に重要なことはなんでしょうか?ある人は、他のローンや公共料金の支払い滞納が起きていないかという信用情報を挙げる人もいますが最も大切なのは借りた後の返済計画を立てておくことです。

特に、住宅ローンなどの高額ローンでは何年で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを必ず確認してください。

確認する方法としては自力で計算するのもいいですが大変なので利用を考えているローンのHPにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動型の場合では金利変動の影響で支払額が変わるので固定金利のフラット35でローンを組んだ場合も確認してみてください。

全期間固定金利ということで利用を考える人の多い住宅ローンの一種、フラット35ですがどういったローンなのかコマーシャルなどを見てもいまいちわかりません。

主なメリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料が0円なこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料がかからないことが挙げられます。

デメリットとしては原則、物件価格の9割までしか借りられないことや金利変動で低くなっても毎月の支払う金額は変わらないこと、繰上げ返済可能額が100万円からと銀行独自のローンに比べ高額なことが挙げられます。

他にもメリット・デメリットはあるので利用する際は確認してからにしましょう。

一般的にローンを組む場合、変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がすごくお得に見えます。

金利変動で逆に支払額が高くなるリスクもあります。

そんなリスクの心配をしたくないという人も多いと思います。

そういった方の場合は、支払額が変わらないフラット35などのフラット35を利用することをお勧めします。

参考:フラット35の審査基準は甘い?年収・勤続年数【自営業審査通らない?】

固定型と書いているように、完済するまでもし金利が現在より下がっても恩恵はありません。

マイナス面としては、金利固定なので低くなったとしてもその恩恵は受けられないことです。

人生で1番大きな買い物と言われる住宅ですがなかなか一括で購入する人はいないと思います。

住宅ローンを組んで資金調達するのがほとんどだと思います。

ローンを検討するときに変動型にするのか、固定型にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方はフラット35を活用しましょう。

10年前に比べ、金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのに良い時期だと言われています。

現在の住宅ローンでは変動型の方が1%近く低い数値になっていますが金利変動で毎月の返済額が高くなる可能性があります。

そのため、最終的に総支払額が割高になることもあります。

念願のマイホームを手に入れる際に住宅ローンを組みますが種類が多くてどれを選んだら良いのか困ってしまいます。

でも住宅ローンを利用する人は人生に1回ということが多く選び方がわかりません。

ここでは、ローンを選ぶ際のポイントをまとめてみました。

まず、初めに行うのは金利を変動型にするか固定型にするかです。

金利が低いままならお得だけれど毎月の支払いが高くなる可能性のある変動型と毎月の支払い額が変わらないので返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので比較ポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35では金利以外の保証料などを比べる必要があります。

ここ数年では、変動型の人気が落ち固定型の人気が出ているようです。

世の中には色々な住宅ローンが存在します。

銀行オリジナルのローンやフラット35のようにどこの銀行機関で借りても基本的には同じ条件になるローン商品など種類が多すぎてどれに決めればよいかわかりません。

他の人がどういった部分を比較してローンを決めているのでしょうか。

特に比較されているのは金利です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば金利が変わる可能性のある変動型にするか、変わらない固定型にするかという部分です。

変動型の場合は銀行機関独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行ごとに変わります。

住宅ローンを探す際の判断基準の参考にしてください。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどが挙がりますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人がいなく、なにを基準に選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

他にも専門家に相談するのが一番だと思ってもどう相談したらいいかわからないという場合もあります。

住宅ローンの中でもフラット35について聞きたい場合は各銀行機関窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が主催している相談会に参加するのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約が必要なようなのでHPで会場や日程などの情報を確認しましょう。