優遇でより利用しやすく

HOME > フラット35の優良住宅取得支援制度

優良住宅取得支援制度のフラット35Sとは?

フラット35は、長期的に金利を変動のない住宅ローンなので、ローンを組む際に返済額が算出できるため返済計画が立てやすいのが魅力です。

ただ金利を固定することで、どうしても一般の金利変動型住宅ローンよりは金利が高くなったしまうのがネックでした。

そこでフラット35の金利を下げ、もっと利用しやすくした住宅ローンとしてフラット35の優良住宅取得支援制度、フラット35Sが生まれました。

フラット35Sは、融資を受ける住宅が優良住宅としての基準を満たしていれば、借入れ金利の値下げが受けられるという制度です。

フラット35Sを利用すれば、金利が更に下がるので利息の支払いが減額できるし、検査を受けてこれから住むマイホームが優良住宅であると証明されるので、安心できるというメリットがあります。

ただ、借換えには利用できないの気をつけましょう。

フラット35Sには、新築住宅タイプと中古住宅タイプ、更に20年金利引き下げタイプ3種類があります。

新築住宅タイプと中古住宅タイプは、今のところ融資開始から10年は金利が1.0パーセント引きさげられるという住宅ローンで、20年金利引き下げタイプは、10年間の金利引き下げ後も最大20年までは金利が0.3パーセント引き下げられるという住宅ローンです。

フラット35Sの各タイプには、それぞれ異なった技術基準が定められており、フラット35の技術基準にプラスしてフラット35Sの技術基準もクリアしていなければ利用できません。

審査の後に、検査機関による物件検査が行われるので、融資の実行までには少し時間がかかります。