住宅建築の基準は?

HOME > フラット35Sの技術基準

フラット35Sの技術基準はどんなもの?

フラット35Sを利用するためにはまず、融資を受ける住宅が国が定めた最低基準の建築基準法に適合しているということを前提に、住宅金融支援機構が決めたフラット35Sの技術基準を満たしていることが要件となり、物件検査を受ける必要があります。

また、建築基準法を基に検査済証が交付されていることを確認します。フラット35住宅技術基準の例としては、新築住宅の木造住宅の場合は、住宅が長く住めるような工夫が見られます。

例えば基礎の上にある土台(木材)を床下の湿気や、雨水の跳ね上がり、大雨等による床下浸水などの水の被害から守るために、基礎の地面からの高さを40cm以上に設定し、床下防湿のための工夫を施します。

また、マンションの場合は共同生活の場であり、管理組合が維持管理をしていくことが大切であるため、維持管理しやすいように、将来のマンションの修繕準備及び20年以上の長期修繕計画等の適切な項目が入っている管理規約が準備されています。

新築住宅の物件検査では、 第三者機関である適合証明検査機関所属の建築士資格を持っている専門家が、フラット35住宅技術基準に適合している住宅かどうかの検査を行います。また建築基準法に合致していることを証明する「検査済証」が交付されていることを確認し、建築基準法に違反していれば融資できないことになっています。

優良住宅取得支援制度のフラット35Sでは、 さらに環境に優れた省エネルギー性能や耐震性能などについて、一定レベルの基準を満足している住宅については、住宅ローンの金利を低くし、満足できる夢のマイホームづくりを応援しています。