優遇を受けるための条件は?

HOME > フラット35Sの借入条件

フラット35Sの借入条件は?

フラット35Sは、金利の値下げが受けれる住宅ローンなので、少しでもローンの返済を減らしたいので利用を検討しているという人も増えています。

そこでフラット35Sの利用を考える際に、借りるためにどのような条件を満たしていなければならないかもきちんと理解しておく必要があります。

まず、フラット35Sの申込受付期間中に取り扱いのある金融機関にフラット35Sの申込みを行うことと、当該物件がフラット35に加え、フラット35Sの技術基準を満たしてるということを証明する適合証明書を金融機関に提出することが要件となっています。

フラット35Sには募集金額が設定されているので、申込期間中であっても申込人が多く募集金額に達してしまうと受付が終了となるので注意が必要です。

フラット35Sの年齢や年収に占める総借入額の負担率についてなどの利用条件は、フラット35と同様です。フラット35Sの対象住宅には、フラット35の技術基準より更に高度な基準が設けられているので確認しておきましょう。

フラット35の技術基準を満たしており、かつ省エネルギー性や耐震性、バリアフリー性に耐久性・可変性の観点から基準が定められています。

具体的には、エネルギー対策等級4もしくは耐震等級2以上か免震建造物であること、または高齢者等配慮対策等級3以上か劣化対策等級3でかつ維持管理対策等級2以上という4つの基準のうち、最低でも1つ以上は満たしていなければいけないので確認しておきましょう。